読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの大きな花火は何色……?

きっと9色の虹色。JUMPが好きで仕方ないが私は悪くない。全てJUMPのせいだ。

もしも小学生塾にいたら。②Hey! Say! BEST編

次はHey! Say! BESTの小学3年生を想像してみる。

何故こんなことをしているのか、は、ひとつ前の記事で説明したので、ここでは割愛する。

 

 

有岡大貴(小3)

 

いつも元気よく入ってくるが、どこかしら怪我をしている。よく転ぶらしい。

1度鼻の上に絆創膏を付けていたので「どうしたの?怪我?」と聞いたら、首を横に振って、「かっこいいでしょっ✨」………どうやら貼ってみたかっただけらしい。

女の子にすぐイタズラするからよくプンプンと怒られている。が、本人は満足そう。

授業中に他の友達に声をかけすぎてよく怒られている。「こら大貴!また邪魔して~!」という先生のお怒りの声がよく聞こえてくる。

学力は中の下。本人にとって出来る出来ないはどうでもいいらしい。やたらとシャーペンを使いたがり、たまに面白い形の文房具を持ってきている。小学生らしさがよく目立つ幼げな子である。

テストでいい点をとるとニカッと笑って見せてくれる。仁王立ちで一方の手を腰に当て、もう一方の手で鼻の下に指を当てて自慢げ。漫画か!

そして筋金入りの宿題忘れ常習犯。「宿題やってきた?」「忘れたあ~!(笑顔)」が毎度お約束。絶対やってくる気ない。確信犯。

 

 

 

高木雄也(小3)

 

反抗期突入中。舌っ足らずな口調で、「やだよ、やんない。」の一点張り。

何度も声をかけ、やっとやる気になってくれたと思ったら、答えを間違えてて一気にやる気消滅……。なのに女の子がやって来て隣に座ると途端にやる気になる…単純。

そしてなぜか女子には優しい。女の子が消しゴム落としたら、サッと拾って、「ん。」って渡してる。意外といいやつ。

「先生も女の子なんだから優しくしてよ~」っていうと「は?先生はおばさんでしょ?」……は?せめてお姉さんでしょ!前言撤回。

成績は下の方。普段から勉強に取り組んでないためもちろん出来ない。得に文章問題に異常な拒絶反応あり。

ツンツンしてるくせにビビリで、虫が入ってきたら女の子みたいに騒ぐ。後からイジると、うるせぇ!ってすぐ赤くなる。そういう所は子供っぽくて可愛らしい。

 

 

 

八乙女光(小3)

 

とにかくお調子者でお喋りさんで、来てすぐにいつもお話が始まる。そのペースに乗せられてしまい、なかなか授業に入れない。

問題に取り組んでいても、文章問題を読みながら「この子買ったりんごをこの後友達にあげるんだよ~」って話を作って、またお喋りが始まる。いつも楽しそうだ。

飽きてくると、プリントを裏返してすぐにお絵かきを始めちゃう。しかも絵のセンスが独特。すごい想像力。

学力は下の下。実は小3にして既に算数につまずいていて、九九ができない。さらに日本語に弱い。国語が苦手とかそういうレベルじゃない。日本語が苦手。ぶっとんでいる。

「俺やれば出来るよ~やらないだけ~(笑)」なんて八重歯をキラリと光らせて本人は言っているから自覚はないみたい。

そのため、間違ったところにチェックをつけると、「なんで?間違ってないよ!」と何故か怒られる……理不尽だ。

有岡大貴と隣同士になると騒がしくて収拾がつかなくなる。

 

 

 

藪宏太(小3)


授業の始めに細かくその日のスケジュールと時間配分を決めて教えてくれる。分刻みのスケジュール。それをきちんと毎回時間通りにこなしていく。すごい。

授業中に余計な会話はなく、質問など勉強に関する必要最低限の会話しか交わさない。決して大人しい性格ではないのだが、落ち着いていて、静かに集中して取り組んでいる。

「休憩していいよ?」と言うと、「大丈夫。疲れてない。」とふにゃっと笑う。問題を解いている時の横顔はすごく楽しそう。勉強が好きみたい。

そして黙々と解き、終了時間ぴったりに終わらせて帰っていく。

しっかりしてるな~と思いながら背中を見送って、ふと席を見ると、よくカバンが丸ごと置き去りにされている。しっかりしているようで意外と抜けているらしい。

 

 


伊野尾慧(小3)


基本眠そう。ずーっと眠そう。目を離すとすぐに寝ている。そのため、声をかけないと勉強が全然進んでない。

活き活きしてるのは、おっぱいの大きいお姉さん講師がいるときだけ。「今日もおっきいねぇ~えろいね~」なんてエロ親父みたいな絡み方してる。

そのくせ学力は高く、勉強をやってみると難なく出来てる。黙ってやれば最高

基本眠そうなため会話が成り立たない。声をかけても「ほぇ?」と返され、会話が続かず戸惑う。

「やらないと帰れないよ?」と声をかけると、「やらなくても時間になれば帰れるよ。」……くそぅ、塾の仕組み分かってやがる。

「どうしてやりたくないの?」と聞くと「このテキスト効率悪ぃもん(ボソッ)」。ボーっとしてるようでちゃんと物事を見てるみたい。

「ねぇ、もう終わっていい?」………まだ始めて10分しか経ってません!

 

 

 

BEST編終了。

9人もいたら被るかなぁと思いながら始めたが意外と大丈夫だった。小3の姿を想像するのが楽しかった。みんなにも楽しんでもらえれば幸いである。